【ソチ共同】ノルディックスキーの新種目、ジャンプ女子の優勝候補で17歳の高梨沙羅(クラレ)が8日、試合会場(HS106メートル、K点95メートル)で初めて公式練習し、98メートル、99・5メートル、96・5メートルとまずまずだった。「(3回とも)自分の納得いくものではなかったけど、台の感覚はつかめた」と手応えを口にした。

4日にソチ入り。なだらかに斜度が変わる助走路をどう攻略するかが鍵になる。「自分のポジションに落とせるように集中しないといけない」と気を引き締めた。