新種目の男子スロープスタイル決勝で、17歳の角野友基(日産X―TRAIL)が75・75点で8位に入賞した。

準決勝で4位に入り、12人による決勝に進んだ角野は1回目に障害物でバランスを崩して53・00点にとどまった。2回目は二つ目のジャンプで手をついたのが響いた。

コッツェンバーグ(米国)が93・50点で金メダルを獲得、五輪初代王者となった。2位はサンベク(ノルウェー)、3位はマクモリス(カナダ)だった。(共同)