【ソチで運動部・遠藤享】ノルディック複合の永井秀昭(岐阜日野自動車、盛岡南高-早大)は7日午前、クロスカントリー会場で試走し、4日未明の現地到着後初めて雪上でトレーニングを行った。快晴の青空の下でチームメートと共に約2時間汗を流し、「試合と違うコースだったけれど気持ち良く滑ることができた」と笑みを広げた。

 日本複合陣は同日午後8時からの開会式には参加せずにコンディショニングを優先させる。特にも永井は五輪直前のワールドカップを体調不良で欠場しただけに心配されたが、「体調は万全なのでもう大丈夫。ご心配をおかけしました」と12日の個人ノーマルヒルに向けて集中した。