【ソチ共同】ノルディックスキー複合のメダル候補、渡部暁斗(北野建設)らが7日、ソチで初めて雪上で練習した。6日未明に到着した日本チームは本番コースとは異なる距離会場で、リラックスした雰囲気でスキーを走らせた。

ドイツ、オーストリアでの直前合宿でジャンプを中心に準備を整え、河野孝典コーチは「いい練習ができた」という。複合勢は選手全員が選手村ではなく、山間部の日本選手の支援拠点「マルチサポートハウス」に宿泊する。阿部雅司コーチは「まるで日本みたい。すごくいい環境で本番に臨める」と感謝した。