安倍晋三首相は7日午後、ロシア・ソチで開かれる冬季五輪開会式などに出席するため、政府専用機で羽田空港を出発した。8日にプーチン大統領と会談し、北方領土交渉の進展やエネルギーを含む経済協力の強化を確認したい考えだ。出発に先立ち「北方領土返還要求全国大会」に出席し「日ロ関係全体の発展を図りつつ北方領土問題を最終的に解決し、ロシアとの間で平和条約を締結すべく交渉に粘り強く取り組んでいく決意だ」と述べた。

プーチン氏との会談について羽田空港で記者団に「信頼関係をさらに厚みのあるものにしたい。交渉で良い結果を出すために全力を尽くしたい」と述べた。