【ソチ共同】フリースタイルスキー女子モーグルで右膝靱帯を痛めている伊藤みき(北野建設)が6日、予選1回目直前の練習でけがの状態を悪化させ、棄権した。日本チームの林辰男監督は、伊藤は8日の予選2回目に出場できる権利を持つものの「出たいからといって出させるわけにはいかない」と話し、出場は困難との見解を示した。

伊藤は練習滑走で第2エアの着地の衝撃で痛め、そのままゴールエリアで倒れ込んだ。自力で立ち上がることができず、関係者に担がれてコースを出た。日本選手団の奥脇透医師によると、昨年12月に靱帯を損傷した右膝の状態を悪化させたもので、新たなけがではない。