【ソチ共同】金メダルの期待がかかるフィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)が6日、試合会場でソチ到着後初の練習に臨み、得意技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は1本目を決めたが、その後は転倒もした。それでも「日本での練習は今までで一番いい状態できている」と自信を見せた。

日本選手団の橋本聖子団長が見守る中、滑りやステップの動作を入念に確認した。ショートプログラム(SP)の曲をかけた練習ではジャンプを跳ばなかったが、練習後半にはまず2回転半でタイミングを合わせてから、3回転半に挑んだ。