【ソチ共同】ソチ冬季五輪は7日開始の開会式に先立ち、6日に競技が始まった。女子モーグルで上村愛子(34)は予選1回目で7位となり、8日の決勝に進んだ。

星野純子(24)は15位、村田愛里咲(23)は22位で、8日の予選2回目に回った。試合直前の練習で右膝を再び痛めて棄権した伊藤みき(26)も2回目を滑る権利があるが、出場は難しい見通し。

新種目のスノーボード・スロープスタイルに登場した男子の角野友基(17)は、予選1組13位で8日の準決勝に回った。

初採用のフィギュアスケート団体の男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(19)が首位に立った。