【東京支社】ソチ冬季パラリンピック男子アルペンスキー代表で岩手大出身の狩野亮(マルハン)は壮行会後の記者会見に臨み、本番への意気込みを語った。主なやりとりは次の通り。

 -今大会への思いは。

 「バンクーバーから4年間、日本チームで表彰台を独占しようとここまでやってきた。ソチの舞台では選手がたくさん表彰台に上がり、表彰台独占を目指して戦いたい」

 -座位スーパー大回転で金メダルを獲得した前回大会からの4年間を振り返ると。

 「金メダルを取った後、2年くらいは達成感を引きずっていた。もったいないことをした。しかし、もう一段レベルアップするため、何をやるべきか考えてトレーニングし、体は4年前とは別物になった。不安はない」

 -メダル獲得以外の目標は。

 「アルペンスキーの競技レベルの高さを知ってほしい。障害者スポーツではなく、純粋にスポーツとして楽しめるレベルにあることを伝えられたらいい」

 -岩手県民も応援している。

 「成長した姿を見せる。メダルを獲得したときには岩手に帰って報告したい」