【ニューヨーク共同】ロシアのプーチン大統領を批判するパフォーマンスをして実刑判決を受け服役、昨年末釈放された女性バンド「プッシー・ライオット(子猫の暴動)」の2人が5日、ニューヨークで記者会見し、ソチ冬季五輪観戦旅行に行かないなどの「ボイコット」でロシアの人権侵害に抗議してほしいと訴えた。

会見したのはマリヤ・アリョーヒナさん(25)とナジェジダ・トロコンニコワさん(24)。プーチン氏へのメッセージを問われ「辞めて」と答えた。

「米国の人たちは目をしっかり見開き、プーチンの言うことを信じ込まないでほしい」と求めた。