【ソチ共同】ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子で金メダルを目指す高橋大輔選手(27)=関大大学院=は5日、今季の使用曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」の作曲者が別人と判明したショートプログラム(SP)について、関大の公式サイトで音楽を変更しないと明らかにした。

高橋選手のマネジメント会社は「高橋ならびに関係者は本件を存じておりませんでした。今はオリンピック直前の大切な時期ですので、やるべきことに真摯に取り組み、本番を迎えたいと思います」とコメントした。

同五輪の小林芳子フィギュア監督は高橋について「動揺したところもなく練習している」と影響を否定した。