【ソチ共同】6日(日本時間7日未明)に始まるソチ冬季五輪新種目のフィギュアスケート団体で、チームメートに対する鳴り物やかぶり物を使った過剰な応援は禁止となることが4日、分かった。この日の監督会議で出場国に対し、節度のある応援が求められた。

2009年に始まった国際スケート連盟(ISU)主催の世界国別対抗戦と同様に、リンク脇にはひな壇のチーム席が設けられる。しかし、五輪の格式を考慮し、対抗戦のように仮装したり紙吹雪を用意したりしてお祭り騒ぎをすることは控えるように要望された。

各国に主将を置くことも決まり、日本は誰が務めるか未定だ。