【ソチ共同】ソチ冬季五輪で金メダルの期待がかかるフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)は4日、試合会場に隣接した練習リンクでこの日2度目の調整に臨み、2種類の4回転ジャンプを軽やかに成功させた。得意なトーループに加え、課題のサルコーも好調だった昨夏の感覚を取り戻し「確率はすごく上がっている」と自信を口にした。

東日本大震災で避難所生活を味わった仙台市出身の羽生にとって、初出場の五輪は故郷に感動を届ける機会にもなる。「スポーツの大会で一番見ていただける大会。いっぱい応援もされると思うので、その思いを受け取って演技で発揮できればいい」と誓った。