【モスクワ、ソウル共同】インタファクス通信によると、北朝鮮の駐ロシア大使は4日、金永南・最高人民会議常任委員長が6~8日に訪ロし、ソチ冬季五輪の開会式に出席することを記者団に明らかにした。6日にロシアのマトビエンコ上院議長と会談する予定。

金氏は北朝鮮ナンバー2で対外的に国家元首の役割を果たしており、故金正日総書記が2011年に東シベリアを訪問して以来、北朝鮮の最高位の訪ロとなる。ロシア上院によると、議長との会談はモスクワで行われる。

ソチ冬季五輪の公式ニュースは1月28日、北朝鮮は選手団を派遣しないと伝えた。