産業能率大のスポーツマネジメント研究所は4日、ソチ冬季五輪に関する意識調査の結果を発表し、「金メダル予想」の1位はノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)だった。2位がフィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)で、3位が同男子の羽生結弦(ANA)。

「注目度」の1位は浅田で、2位が高橋大輔(関大大学院)、3位が羽生とフィギュアスケート勢がトップ3を占めた。「必ず見たい競技」の1位もフィギュアだった。調査はインターネットを通じて20~60代の男女計2万人を対象に行った。