【ソチ共同】ソチ冬季五輪に臨むフリースタイルスキー、モーグルの日本代表は3日、本番会場で練習し、右膝靭帯損傷からの復帰を目指す女子の伊藤みきはエアの技をかけずに調整し「1本ずつ確実にパフォーマンスは上がっている。自分の滑りができるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

男子の遠藤尚は「コブが硬いのでうまく力を逃がすしかない。日数があるので本番までに合わせたい」と話し、西伸幸(白馬ク)は「簡単には滑れないコースだが、持ち味のスピードを出したい」と言った。

女子の上村愛子、村田愛里咲、星野純子は練習を休み、選手村でトレーニングや体のケアに努めたという。