2月7日開幕のソチ冬季五輪に臨む日本選手団の本隊が31日、ソチへ向けて出発し、橋本聖子団長は成田空港で「東京(五輪開催)が決まって最初の五輪。世界が注目している。競技の垣根を越え、チームジャパンとしてやっていきたい」と言葉に力を込めた。

フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子はリラックスした様子で、伊藤みき(ともに北野建設)らチームメートと談笑。34歳で迎える5大会連続の大舞台に挑む決意を「ここからエンジンをかけても早すぎることはない。自分の滑りをした先にメダルがあれば、全員で喜べる」と落ち着いた口調で語った。