東日本大震災からの復興をテーマに掲げた第32回八戸花火大会が19日、八戸港館鼻岸壁で行われた。八戸の元気を象徴するような約5千発の花火が打ち上げられ、大勢の市民が夏の夜空を彩る大輪の花を楽しんだ。 今年はロンドン五輪のレスリング女子で優勝した八戸市出身の小原日登美、伊調馨両選手を祝福し、金メダルをイメージした〝黄金の大花火〟を披露。今夏の全国高校野球選手権大会で、8強入りを決めた光星高校の躍進に期待を込めた花火も打ち上げられた。 会場のハマには家族連れや浴衣姿の若者らが訪れ、行く夏を惜しむように、夜空に咲き乱れる色鮮やかな花火を見詰めていた。 主催者の大会委員会によると、今年の入り込み数は昨年と同じ14万人だった。(文・松原一茂、写真・松橋広幸)【写真説明】色鮮やかな大輪の花が夜空を彩った八戸花火大会=19日午後7時40分ごろ、八戸港館鼻岸壁※詳しくは本紙紙面をご覧ください。有料携帯サイトにも掲載しています。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)