ロンドン五輪で過去最多の38個のメダルを獲得した日本選手団本隊の約250人が14日午後、日航便と全日空便で成田空港に帰国した。レスリング女子55キロ級で3連覇を達成し、開閉会式で旗手を務めた吉田沙保里(ALSOK)は到着後に「皆さんの応援がロンドンまで届いて力になった」と笑顔になった。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)