▽松本隆太郎 北京五輪の出場を逃してから4年間、ロンドンで金メダルを取るためだけに頑張ってきた。メダルの色は違ったが、自分のスタイルを貫けた。  ▽湯元進一 表彰台に上がったとき、いろいろな思いが頭に浮かんだ。銅メダルは(双子の兄の)健一が北京大会で取っているので、追い抜けなかったという気持ちもある。  ▽小原日登美 集大成として臨んだ最初で最後の五輪だった。優勝して恩返しすることができて、最高の大会だった。  ▽吉田沙保里 感謝の気持ちでいっぱい。3連覇できて本当に幸せ。ここに来るまで悩んだこともあったが、決勝では今までやってきたことを信じて戦った。  ▽伊調馨 会場では日本コールの中で優勝することができた。表彰台の上で金メダルを下げることができて幸せな気持ちでいっぱいだった。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)