「やった!」「市民の誇りだ」。9日未明、大勢の八戸市民らがロンドン五輪レスリング女子決勝を観戦したパブリックビューイング(PV)会場の「はっち」。地元出身の48キロ級小原日登美選手と63キロ級伊調馨選手が“W金メダル”を手中に収めると、会場は歓喜の渦に包まれた。【写真説明】伊調馨選手の五輪3連覇達成を喜ぶ八戸市民ら=9日午前4時15分ごろ、同市の「はっち」※詳しくは本紙紙面をご覧ください。有料携帯サイトにも掲載しています。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)