サッカー女子で初のメダル獲得を決めた「なでしこジャパン」が米国との決勝に臨む。優勝した昨年の女子ワールドカップ(W杯)と同じ顔合わせ。準決勝で日本は少ないチャンスをものにして、フランスに辛勝。五輪3連覇を狙う米国も延長の末、カナダに逆転勝ちした。苦しい戦いを勝ち抜いたライバル同士が最後の一戦をどう戦うか。  レスリング女子は日本選手団の旗手も務めた55キロ級の吉田沙保里(ALSOK)が出場。得意のタックル復活で3連覇に挑む。72キロ級にはアテネ、北京両大会銅メダルの浜口京子(ジャパンビバレッジ)も登場する。  陸上の女子400メートルリレー予選では、100メートル、200メートルと精彩を欠いた短距離のエース福島千里(北海道ハイテクAC)の復調に期待。出場すれば陸上の日本勢で戦後最年少となる16歳の土井杏南(埼玉栄高)にも注目が集まる。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)