ロンドン五輪レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級で6日(日本時間7日未明)、松本隆太郎(26)=千代田中—館林高—日体大—群馬ヤクルト販売=が銅メダルを獲得した。 五輪初出場の松本は準決勝で、世界選手権前年優勝のイラン選手に0−2で敗れて3位決定戦に回り、同準優勝のカザフスタン選手を相手に第3ピリオド、フォール勝ちを収めた。  松本は千代田町生まれ。5歳でレスリングを始めた。昨年まで全日本選手権3連覇、2010年世界選手権2位に入っていた。本県出身のグレコローマン五輪メダリストは初めて。 グレコローマンの日本勢のメダルは12年ぶり。フリースタイルを合わせた男子のメダル獲得は出場した15大会連続。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)