ロンドン五輪のレスリング競技は、きょう5日からスタートする。8日に本番を迎える女子48キロ級の小原日登美(工大一高出、自衛隊)と、同63キロ級の伊調馨(長者中出、ALSOK)は3日、そろってロンドン入りした。 ヒースロー空港に到着後、取材に応じた。五輪後、引退の意向を示している小原は「これまでの人生の集大成として、恩返しができる試合をしたい。みんなで金メダルを取りたい」と意気込み、3連覇を狙う伊調は「早く選手村に行って慣れたい。気持ちの面でも盛り上がっていて練習にも身が入っている。自分らしく楽しくやりたい」と笑顔を見せていた。※詳しくは本紙紙面をご覧ください。有料携帯サイトにも掲載しています。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)