【ロンドン共同】ロンドン五輪で日本選手を後方支援する拠点「マルチサポートハウス」が17日、報道陣に公開された。ロンドン東部の五輪公園にある選手村から徒歩約10分の場所にあり、疲労回復のための高圧酸素カプセルや炭酸泉のプール、日本食を提供する食堂などを備えた豪華施設だ。五輪では初めて設置され、総費用は5億4千万円を見込んでいる。  3階建ての劇場を借り上げ、選手の体調管理やライバルの情報分析をするスタッフ約40人が常駐する。柔道とレスリングで使う108畳の練習場もある。同ハウスの高谷吉也総責任者は「より良いコンディションで競技に臨むために貢献したい」と話した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)