ロンドン五輪の興奮が冷めやらぬ中、北杜市のオオムラサキセンターで13日、「昆虫オリンピック」が開かれ、昆虫たちが“熱戦”を繰り広げた。 子どもたちが持ち寄った、自慢のカブトムシやクワガタ14匹がエントリー。綱引きやクルミなどを持ち上げる重量挙げ、100センチ走、相撲の全4種目で勝敗を競った。 昆虫が大好きという中央市下河東の三守健太君(8)は「綱引きで優勝できてうれしい。また参加したい」と話し、金メダルの獲得に会心の笑み。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)