重量挙げの女子53キロ級を行い、初出場で20歳の八木かなえはスナッチ82キロ、ジャーク109キロのトータル191キロで全体の12位となり、2000年シドニー五輪の仲嘉真理以来となる同級の入賞はならなかった。  男子56キロ級はB組を終え、オム・ユンチョル(北朝鮮)がジャークで世界記録に並ぶ168キロを挙げた。日本選手は出場していない。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)