重量挙げのロンドン五輪代表が12日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開し、3度目の五輪を迎える女子48キロ級の三宅宏実(いちご)は「攻める気持ちを持って、最高の舞台で花を咲かせたい」と話し、悲願のメダル獲得を誓った。  初出場となる女子53キロ級の八木かなえ(金沢学院大)は痛めていた腰も順調に回復している様子で「重圧よりも楽しみの方がある」と話した。  女子で48キロ級の水落穂南(平成国際大)や75キロ超級の嶋本麻美(金沢学院大職)、男子でただ一人出場する105キロ超級の太田和臣(九州国際大職)も順調な仕上がりを見せた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)