赤磐市は16日、ロンドン五輪バレーボール女子で銅メダルを獲得した岡山シーガルズの山口舞選手に「市スポーツ文化栄誉賞」を贈ることを決めた。近く同市下市の市役所で授賞式をする。 同賞は山口選手が初めて。井上稔朗市長は「女子バレーの活躍で地元は大いに盛り上がり、市民は夢と感動を与えてもらった」と話した。 シーガルズは同市をホームタウンとする連携・協力協定を5月に市と締結。山陽ふれあい公園総合体育館を練習拠点にしている。 市は五輪期間中に3位決定戦など2回、大型スクリーンで中継するパブリックビューイングを同体育館で実施。大勢の市民が声援を送った。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)