福岡県は15日、ロンドン五輪バレーボール女子でセッターとして日本代表の銅メダル獲得に貢献した竹下佳江選手(34)=北九州市門司区出身=に、県民スポーツ栄誉賞を贈呈すると発表した。今回の五輪で同賞を贈るのは、競泳女子で銀など計3個のメダルに輝いた鈴木聡美選手=同県遠賀町出身=に続いて2人目。 竹下選手は五輪に3回連続出場。身長159センチと小柄ながら巧みなトスでチームを引っ張り、28年ぶりの表彰台に導いた。県は「県民に大きな感動や元気を与えていただいた」とのコメントを出した。=2012/08/16付 西日本新聞朝刊= ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)