霧島市隼人のホテル京セラが、ロンドン五輪バレーボール日本女子の銅メダル獲得に貢献した、同市出身の新鍋理沙選手(22)の快挙を祝い、窓のブラインド145枚を使って「祝リサ」の文字をつくった。 13階建ての大きな窓を活用し、高さ約50メートル、横約30メートル。五輪をイメージした5つの輪も添えた。 客の予約次第で変更もあるが、19日までの午後0時半〜5時に楽しめる。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)