バレーボール女子のロンドン五輪前哨戦、ワールドグランプリ大阪大会最終日は24日、大阪市中央体育館で1次リーグ最終戦を行い、日本は韓国に3―0で快勝して通算4勝5敗の勝ち点13とした。27日に中国で始まる決勝ラウンドに進めない日本は、25日に五輪代表12人を発表する。  日本は先発した木村と迫田(ともに東レ)の両アタッカーが要所でスパイクを決め、2セットを連取。ジュースにもつれた第3セットも逆転で奪った。五輪出場国の韓国は1勝8敗で勝ち点4。  ドイツはトルコに3―1で快勝し、6勝3敗で勝ち点18とした。トルコは7勝2敗で同21。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)