【釜山(韓国)共同】バレーボール女子のワールドグランプリは8日、韓国の釜山などで開幕し、控え中心で臨んだ日本は1次リーグ初戦で同じロンドン五輪出場国のトルコに0―3で敗れた。  エース木村(東レ)らを外した日本は19―25、21―25、21―25で押し切られた。  五輪前哨戦となる今大会は、16チームが1次リーグで各9試合を行い、27日から中国で開催される決勝ラウンドには地元中国とその他の上位5チームが進む。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)