バレーボールのロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選男子大会第3日は5日、東京体育館で行われ、2大会連続の五輪出場を狙う世界ランキング15位の日本は20位の韓国を3―2で下し、2勝1敗の勝ち点5で4位となった。韓国は3連敗で1。日本は6日、中国と対戦する。  第1、3セットを奪った日本は2―2の最終第5セットのスタートから福沢(パナソニック)松本(堺)の活躍などで連続得点を奪い、15―6で制した。  オーストラリアはイランを3―1、セルビアは中国を3―0で下し、ともに3連勝で勝ち点9とした。イランは2勝1敗の5で、中国は1勝2敗の4。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)