バレーボールのロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選女子大会第6日は26日、東京体育館で行われ、日本はロシアに0―3で敗れて3大会連続の五輪出場決定を27日の最終日に持ち越した。日本は4勝2敗で勝ち点を11から伸ばせず、ロシアは6戦全勝の18で1位が確定した。  日本は最終戦でセルビアに勝つか、フルセット負けで勝ち点1を得れば五輪出場権獲得。1―3、0―3で負けても先に行われるキューバ―タイの結果次第で決まる可能性がある。  日本は高さと正確さを兼備したロシアに歯が立たずに22―25、20―25、20―25で押し切られた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)