バレーボールのロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選女子大会第4日は23日、東京体育館で行われ、3大会連続の五輪出場を狙う日本は韓国に1―3で完敗して今大会初黒星を喫し、3勝1敗の勝ち点9で2位に後退した。韓国は2勝2敗の同6で4位。24日は休養日で、日本は25日にキューバと戦う。  日本はサーブレシーブが不安定で流れに乗れず、第1セットを18―25で落とした。第2セットは木村(東レ)の活躍で25―22と奪ったが、第3セット以降は韓国のエース金軟景の強打に圧倒され、ミスも続いて17―25、13―25と連取された。韓国に負けたのは2008年10月以来で、連勝は10で止まった。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)