テニスの男子シングルス決勝は地元英国のA・マリーが第1シードのフェデラー(スイス)を6―2、6―1、6―4で破り、同種目の英国勢では1908年ロンドン五輪以来、104年ぶりの金メダルを獲得した。  女子ダブルスはV・ウィリアムズ、S・ウィリアムズの姉妹ペア(米国)が6―4、6―4でフラバーチコバ、ハラデツカ組(チェコ)を下し、2大会連続3度目の優勝。S・ウィリアムズはシングルスとの2冠を達成した。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)