日本パラリンピック委員会は3日、ロンドン・パラリンピック(8月29日~9月9日)に派遣する日本代表126選手を発表した。162人だった前回、北京大会と比べて大幅に減った。役員らを含めた日本選手団は約250人となる見通し。  北京に続く金メダルが期待される車いすテニスの国枝慎吾選手(28)=千葉県=や、陸上(車いす)の土田和歌子選手(37)=東京都=らは順当に選ばれた。  日本は16競技に出場する。最年長は卓球の64歳、別所キミヱ選手(兵庫県)で、最年少は8月23日に17歳となるゴールボールの若杉遥選手(東京都)。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)