富山市で抱負  ロンドン五輪のテニス男子シングルスで出場権を獲得した伊藤竜馬選手(24)=北日本物産=が三日、富山市役所を訪れた。老月邦夫副市長との懇談で「一回でも多く勝ちたい」と抱負。ウィンブルドンと同じ会場について「年に二回も試合できるのは奇跡に近い」と話した。  伊藤選手は世界ランキング六十八位、一月の全豪オープンで四大大会初勝利。地元の三重県いなべ市を訪れた後、東京都内で調整し、七月二十三日に現地入りする。男子シングルスは二十八日から八月五日まで開かれる。  六月十一日付のランキングで自動的に五輪に出場できる枠に入れず、日本テニス協会が出場を要望。上位に辞退者が出たため、繰り上がりで出場権を得た。 (永井響太) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)