第63回河北旗争奪岩手・宮城県中学校卓球大会(岩手県一関市卓球協会、河北新報社主催)が18日、一関市総合体育館で開幕し、ロンドン五輪で活躍した日本勢に続けとばかりに熱い戦いを繰り広げた。 開会式で、一関市山目中卓球部の菅原翔部長(3年)が「一戦一戦を全力でプレーする」と宣誓した。 大会には岩手、宮城両県の中学校とクラブチームから、男子団体に29チーム、女子団体に33チーム、男子個人は114人、女子個人は99人が出場。初日は団体、個人の予選リーグが行われた。19日に決勝トーナメントを行う。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)