ロンドン五輪女子卓球団体で銀メダルを獲得した石川佳純選手(19)を祝福する「銀メダルおめでとう!市民報告会」が17日、地元山口市の中心商店街であり、祝福パレードと同市第1号となる市民栄誉賞の授与式が開かれた。石川選手を一目見ようと集まった市民ら1万人(主催者発表)が祝福した。 パレードは、同市道場門前のどうもん広場から道場門前、米屋町、中市の3商店街を通って同市中市町の山口井筒屋前までの約500メートルにわたって行われた。石川選手が通った同市亀山町の天使幼稚園(野上カツヨ園長)の年長児約50人らの先導を受け、赤いユニホーム姿で人力車に乗って出発。石川選手は声を掛ける市民らに手を振ったり銀メダルを掲げるなどして、約20分かけて「おめでとう」の大声援に応えた。 山口井筒屋前では市民報告会が開かれ、同市初の市民栄誉賞の表彰状などを渡辺純忠市長が石川選手に手渡した。「一生懸命に頑張っていけば、この山口の地から世界へ羽ばたく人になれるということを教えてくれた。次の五輪では金メダルを目指して頑張ってもらい、ここにいる山口市民みんなで大声援を送っていきたい」と述べた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)