ロンドン五輪卓球女子団体で銀メダルを獲得した石川佳純選手は17日午前、母校の平川小(山口市)を訪問、児童約800人や地元の人々の祝福を受け「夢を持って、楽しんで頑張って」とメッセージを述べた。  同小の卒業文集に「将来の夢はオリンピックに出て、世界で活躍する選手になること」と書いていた石川選手。6年の岡部冴佳さんは「努力すれば夢はかなうんだと分かった。空手の習い事を、全国大会に出られるように頑張りたい」と目を輝かせた。  銀メダルを触らせてもらった3年の児童らは「重ーい」と大興奮。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)