山口県の二井関成知事は16日、ロンドン五輪卓球女子団体で銀メダルを獲得した山口市出身の石川佳純選手(全農)に、「県民に多くの感動と元気を与えた」として「山口県スポーツ特別褒賞」を授与した。  銀メダルを胸に揺らして黒いユニホーム姿で県庁に姿を現した石川選手は、集まった数百人の職員や市民の割れるような拍手、歓声にはにかんだ笑顔を見せた。  21日に退任する二井知事はワイシャツの上に「KASUMI」とプリントされたピンク色のTシャツを着用。表彰状と報奨金50万円を手渡すと、「ぼくもフリーになるので4年後にはリオに行って応援する」と表明、場を沸かせた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)