「すごい」「最高」。ロンドン五輪で銀メダルを獲得したヒロインの勇姿に、市民らは興奮の一夜を過ごした。卓球女子団体の平野早矢香選手の出身地の鹿沼市では7日深夜から8日未明にかけ、下石川の鹿沼総合体育館、坂田山2丁目の市民文化センターで、中国との決勝戦のパブリックビューイングが行われ、計300人超が声援を飛ばした。平野選手の母親の美恵さん(52)はロンドンの会場に駆け付け、「メダルを首から掛けてもらった。最高の瞬間」と声を弾ませた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)