卓球は男子団体の準々決勝を行い、日本は香港に2―3で敗れ、4強入りを逃した。シングルスで水谷隼が江天一と梁柱恩をともに3―1で破ったが、岸川聖也が唐鵬に1―3で、ダブルスの丹羽孝希、岸川組が梁柱恩、江天一組に1―3で屈し、最後のシングルスも丹羽が唐鵬に1―3で敗れた。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)