▽石川佳純の話 悔しい。まだまだだなと思った。第1ゲームを取りたかった。ラリーでは何回打っても返ってきて先にミスをしてしまった。団体戦でチャンスがあると思うので、そこでリベンジしたい。  ▽岸川聖也の話 実力差はかなりあった。ラリーもついていくのが精いっぱい。相手は集中していて、最後まで1球たりとも無駄に打ってこなかった。  ▽村上恭和・女子監督の話 そう簡単にメダルは取れない。バック同士のラリーでもう少し互角に戦えればよかったが、先に変化をつけられて受け身になってしまった。そこが一番の敗因。  ▽宮崎義仁・男子監督の話 ボールの威力、回転を含めて実力を見せつけられた。岸川がどこのコースに打っても対応された。団体に向けて、リセットしたい。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)