ロンドン五輪卓球女子シングルスで日本勢で初めて4強入りした石川佳純選手(19)を応援しようと、出身地の山口市で1日、準決勝と3位決定戦のパブリックビューイング(PV)があった。 午前1時の準決勝PVは、石川佳純平川後援会(蔵成幹也会長)の呼び掛けに応じ約100人が同市平井の平川地域交流センターに集合。世界ランク3位の李暁霞選手(中国)との対戦を見守った。 参加者は石川選手の似顔絵を描いたうちわを手に「かすみ、攻めろ」などと絶叫。石川選手が第3ゲームを逆転で奪うと、会場に歓声と拍手が渦巻いた。 石川選手は惜しくも敗れ、同日夜の3位決定戦に回った。後援会は石川選手の母校の平川小(同市平井)体育館でPVを再び開催した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)