卓球は女子シングルスの準決勝を行い、第4シードの石川佳純が第2シードの李暁霞(中国)に1―4で敗れた。1日にフェン・ティアンウェイ(シンガポール)との3位決定戦で、日本勢初のメダル獲得を目指すことになった。  石川は準々決勝で第8シードのワン・ユエグ(シンガポール)を4―1で下し、シングルスの日本勢では男女を通じて初の4強入り。第5シードの福原愛は準々決勝で第1シードの丁寧(中国)に0―4のストレートで敗れた。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)