▽水谷隼 誰と試合をしても倒せるように準備してきた。金メダルを目指し、最低でもメダルを獲得したい。  ▽岸川聖也 絶対にメダルを取って、4年前の悔しさを晴らしたい。大事なのは自分のプレーをすること。  ▽丹羽孝希 選手村に入り、本当に五輪に来たんだなと思っている。ドローでいいところに入ったので、頑張ってメダルを取る。  ▽福原愛 この1年間、やるだけやったと思える過ごし方をした自信がある。あとは思い切りやって悔いのないような試合をしたい。  ▽石川佳純 初出場なので挑戦者として戦いたい。攻めていく気持ちを忘れずに自分を励ましながら試合をしたい。  ▽平野早矢香 堂々と日本チームの力を相手にぶつけていければ、いい成績が出せる。全力で戦いたい。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)