ロンドン五輪開幕を27日に控え、県内の五輪商戦の盛り上がりは明暗が分かれている。出場選手のユニホームやスポーツ用具を製造する企業は、日本選手の活躍が売り上げや社員の意欲向上につながると期待。スポーツ用品店もサッカーを中心に関連商品の売れ行きが堅調だ。一方で、薄型テレビや旅行の販売は伸び悩んでいる。  阿賀野市に工場を置くスポーツウエア製造のエスポアール(福島県)は、相手先ブランドによる生産(OEM)で、ミズノ(大阪)の卓球ユニホームを製造する。今大会では、日本代表のユニホーム159枚と市販用レプリカ2200枚を製造した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)